あおいの部屋

30代、独身、フリーターの日常

【はじめてのひとり暮らし】初期費用がない人必見!引っ越し費用を20万円安くする方法

f:id:aoi625:20200411160828j:plain 

 

「すぐにでもひとり暮らしをはじめたい!」そう思っても引っ越しの初期費用が足りないなど金銭的な不安から諦めていませんか?  

 

このページでは、そんな初期費用の手持ちが少ない方でも20万も費用を節約できる方法をご紹介します!

 

  

 

 

ひとり暮らしにかかる初期費用は家賃の4倍~5倍! 

 

はじめてひとり暮らしをする時、部屋を借りるために必要な初期費用が大体どのくらいかかるのか分からないと思いますので相場を表にまとめてみました。 

 

敷金 家賃の1ヶ月分
礼金 家賃の1ヶ月分
仲介手数料 家賃の半月分~1ヶ月分
火災保険料 数千円~2万円
鍵交換代 1万5千円~2万円
前家賃 家賃の1ヶ月分

 

たとえば家賃5万円の物件を借りる場合、初期費用として約24万円かかります。 

 

このほかにも、不動産会社によっては消毒代1万~2万円や保証会社への加入が必須となる物件もあるので、そういった場合だとさらに家賃の0.5~1ヶ月分かかるので支払う初期費用の金額が上がる可能性があります。  

 

このように部屋を借りるだけでも結構な額のお金が必要になるので、少しでも節約したいですよね?  

 

さらに引っ越し業者や家具・家電を揃えるお金も準備しなければいけません。 
 
引っ越し業者は時期や荷物を運ぶ距離にもよりますが2~3万円以上、家具・家電も最初から買い揃えると15万円くらいかかるので、トータル40万円~50万円は必要です。

 

「やっぱり手持ちが少ないのにひとり暮らしなんて無理!」と思った方、ここで諦めてはいけません。 

 

なぜなら引っ越しの初期費用は節約できるからです! 

 

ここからは、その節約方法について書いていきます。   

 

敷金・礼金が0円の物件を探す 

 

敷金・礼金は大体家賃の1ヶ月分の費用がかかるので家賃5万円の物件を借りる場合だと、この2つが無いだけで一気に10万円もの節約が可能です。 

 

ただし礼金に関しては0円の物件を選んでも何の問題もないのですが、敷金は退去時の部屋のクリーニング代に使われる費用になるので契約する時に敷金が0円であっても退去する時に支払うことになるので注意が必要です。 

 

仲介手数料が無料の物件を探か交渉して値下げしてもらう  

  

仲介手数料は、不動産会社で値下げ交渉によって安くしてもらえることがあるので積極的に交渉したほうがいいでしょう。 

 

また、不動産会社によっては仲介手数料無料や半額などをアピールしている場合があるので、そういった不動産会社で部屋をさがすのも節約につながります。

 

フリーレント物件をさがす 

 

フリーレントとは、大家さんが部屋を借りてもらいやすくするために、一定期間家賃を無料にするシステムのことで、フリーレント付きの物件にすれば最初の家賃が1ヶ月分~数カ月分無料になるので初期費用を大きく抑えることができます。 

 

ただし、このようなフリーレント物件は短期間で解約した場合に違約金が発生する場合があるので、転勤が多いなど短期間で引っ越す可能性がある方は注意が必要です。  

 

低家賃物件をさがすならコチラ! 

 

www.aoi-blog.site

 

引っ越し代の節約方法 

 

新居に持っていくのは必要最低限の荷物だけにして、自分の車を使えばほとんど費用はかかりません。 

 

車が用意できなくても最低限の荷物であれば引っ越し業者ではなく、宅配便で送るなどすれば業者に頼むより安く済みます。  

 

また業者に頼む場合、料金は業者によって異なるためネットの料金比較サイトで見積もりを出して、安い会社に依頼しましょう。 

 

さらに引っ越しシーズンを避けるのも節約のポイントです。  

 

家具・家電の節約方法  

 

家具・家電代の節約はシンプルに最低限の物だけしか買わないことです。 

 

最低限必要な家具・家電とは 

 

  • 寝具類 
  • カーテン 
  • 冷蔵庫 
  • 洗濯機 
  • 電子レンジ 
  • テレビ 

  

家具はニトリなど安いお店で揃えれば布団はセットで1万円ほど、カーテンも5千円程度で購入できます。 

 

家電も電気屋さんなどで冷蔵庫・洗濯機・電子レンジがセットで販売されてることがあり、そういったセットを購入すれば格安で揃います。 

 

食器などの細かい生活雑貨も、いきなりおしゃれなインテリアショップなどで買うのではなく、とりあえず100円ショップで揃えたほうがいいでしょう。

 

また数は少ないですが家具・家電付き物件もあるので、そういった物件に住んでしまえば家具・家電代が大幅に節約が可能です。 

 

そのほかの節約方法  

 

シェアハウスなら初期費用も家賃も格安で、しかも家具・家電付きなので身軽に引っ越しできちゃいます! 

 

気になる方はこちらをご覧ください!

 

www.aoi-blog.site

 

 

お金が無いけど、おしゃれな部屋に住みたい方は格安でおしゃれな家具をレンタルできて気に入れば購入も可能なairRoomがおすすめです! 

  

 

www.aoi-blog.site 

 

節約すれば初期費用は約20万円安くできる!

 

  1. 敷金・礼金ゼロの物件をさがす
  2. 仲介手数料無料の物件をさがす
  3. フリーレント付き物件をさがす

 

上記3点だけで20万円ほど節約できます!

 

あとは安い引っ越し業者に頼んで購入する家具・家電は最低限の物にすることで、さらに数万円の初期費用の節約になるので初期費用の手持ちが少なくても、ひとり暮らしをはじめるのは充分可能ですよ!